読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィボナッチ数列と庭造りからヒーリング音楽?

お気に入りの庭を造りたいと考えているのだが、

いったい、お気に入りの庭とはなんだ?と考えたところで、

フィボナッチ数列のことを思い出した。

0 1 1 2 3 5 8 13 21 34 ・・・

と前の数字を足していく数列のこと。

 

 

植物の花の数やら、枝分かれはフィボナッチ数列に一致することが多いというからだ。

ウィキペディアによれば、

ひまわりの花にある、螺旋の数はフィボナッチ数になるという。

パイナップルの螺旋の数は時計回りは13、反時計回りは8。

 

フィボナッチ数列の各項を一辺とする正方形を描くと、それはカタツムリなどの螺旋形になるという。

 

自然界の数は、この数列に合うことが多い。

また、フィボナッチ数列の前後の数の比率は、数が大きくなるほど、黄金比に近くなる。

 

フィボナッチ数列は自然界に多いことからもわかるように、美しさにも大きく関係ある。

機能的であり、同時に美しさも持つ数字である。

 

庭を造る=フィボナッチ数列の美しさを愛でる、ということかもしれない。

fibonacci universe  を作りあげるということが、庭を造ることに通じるのかもしれない。

 

それでfibonacci universeというのを検索したら、

なぜか、528HZというのがでてきた。

 

528HZの周波数がDNAを修復するというのだ。

そこから検索すると、いっぱい、528HZの音楽がYouTubeにのっているのがわかった。

聞いてみると、多くは自然界の音のヒーリング音楽である。

なかなか面白い。