読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内村鑑三が描く西郷隆盛の無私の姿に驚く

www.nhk.or.jp

 

この番組の第1回を見た。

最初に紹介されたのは西郷隆盛

エピソードが面白い。

あるとき宮中での会議の後、

西郷隆盛が帰ろうとしたが、下駄がなかった。

下駄がなかったことをさわぐと誰かが困ると思ったのか、

西郷隆盛は、そのまま裸足で帰った。

 

しかし、門番が、その姿を見て、誰かと問うと、

西郷隆盛は「西郷大将である」と答えた。

 

門番はそれを信じないので、

西郷隆盛は、そのまま雨の中に立ったまま、知り合いが証明してくれるのを待った、というエピソードだった。

加えて、どうして下駄がなくなったかというと、あまりに汚くて、下足番が捨ててしまったのである。 

 

もう1つのエピソードは、他人の家を訪ねるときのこと。

西郷隆盛は、決して、ごめんくださいと大きな声で言うことはなかった。

誰かが気づいて、または誰かが尋ねてくるのを待ったという。

 

無私の西郷隆盛はすごいですね。

司馬遼太郎の『翔ぶが如く』を呼んだが、そんなエピソードはなかったなあ。

とにかく、西郷隆盛は近代日本における偉人であることは間違いない。

個人的には山岡鉄舟も押したい。