読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃の実でお菓子を作るおばあちゃんたち

www.nhk.or.jp

京都の古屋集落という場所で、栃の実でお菓子を作り続ける、おばあちゃん3人がいる。

平均年齢80代後半のおばあちゃんたち。

この土地には樹齢500年から1,000年のトチの木が約700本自生するという。

林業の地域だが、トチノキだけは、残されたという。

樹齢1000年のトチノキもあり、それに感謝するおばあちゃんたち。

神々しいと言うおばあちゃんたち。

栃の実は食料にもなり、他のものと交換できるという商品価値があり、大事に残されたということだ。

そこで、廃れる集落を元気にしたいと、おばあちゃんたちは、お菓子作りを始めた。

トチノキは9月頃に実を落とし、それを収穫して1カ月ほど乾かす。

今では、年間400万円ほどの売上があるという。

 

番組では新商品開発の様子を描く。

栃の実の新商品開発としてクッキーが企画にあがった。

それに挑戦するおばあちゃん。

おばあちゃんの1人は、私も責任をもった仕事をしたいとクッキー焼きに挑戦する。

人間は何歳になっても同じだなと感じる。

そのおばあちゃん、クッキーをうまく焼いて商品化に成功する。

仕事からあるから生きていけるという言葉に納得。

 

栃の実拾いのボランティアで、若い人たちが栃の実を拾うイベントもあるという。

それもいいね。