読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏目漱石の妻の3回目を3回見てしまった

www.nhk.or.jp

夏目漱石の妻の3回目を3回見てしまった。

なんだか、何回か見てみたくなる作品である。

とにかく3回目は、育ての親がお金をせびりにきて、切実なところがよい。

妻役の尾野真智子が、まことに真に迫る演技を見せてくれる。

ちょっとした表情がリアルで自然で素晴らしい。

 

注目すべきは脚本の池端俊策、演出の柴田岳志と榎戸崇泰(NHKエンタープライズ)であろう。

これは覚えておきたい。

柴田岳志は、大河の平清盛の演出も手がけたようだ。

平清盛は視聴率は悪かったが、内容的には一部で評価が高いともいう。

榎戸崇泰は、てるてる家族 と ちゅらさん を手がけている。

人気作品である。

どちらが、3回目を演出したかわからないが、とにかく良かったのである。

それにしても夏目漱石は結構苦労してるなあという感想である。

最終回の4回目が楽しみでアル。

 

ちなみに音楽担当の清水靖晃はジャズミュージシャンでサックスプレーヤー。

 こちらの音楽も珠玉の出来ですね。

清水靖晃のサックスもとてもいいです。