読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 高台家の人々 が面白い

koudaike-movie.jp

綾瀬はるかは、すごい女優である。

きっと、この映画は、綾瀬はるかにしか演じられないのではないかと思う。

その純粋性、透明性において、綾瀬はるかをしのぐ女優は、今の日本にはいないだろう。

存在自体がファンタジーであると言える。

 

この映画はまさにファンタジーである。

綾瀬はるかが恋するのは、まるで白馬の王子様。

そして、人の心が読めるというファンタジーがベースにある。

夢のような恋物語であり、コメディである。

これこそ、綾瀬はるかの映画と言える。

みていると、こそばゆいような恥ずかしさがあるが、綾瀬はるかはそれを打ち消してくれる。

 

相手役の斎藤工もいい味をだしている。

脇役も完璧な配役である。

笑えるし泣けるし、いい映画です。

 

監督は土方政人

この監督はテレビドラマを中心に活躍している。

よろず占い処 陰陽屋へようこそ』などいろいろ。

 

妄想シーンは、最近流行ったテレビドラマの 逃げ恥 とよく似ていて面白い。

この映画をぱくったのかと思ったが、少女マンガの常套芸なのかもしれない。

 

脚本家は金子ありさ

電車男 陰日向に咲く ヘルタースケルターを担当している。

原作は森本 梢子(もりもと こずえこ)。 ごくせん(YOU、集英社) デカワンコ(YOU、集英社

などがテレビドラマに。

以上