読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『レコードと暮らし』田口史人著がなんだかへんで面白い

先日、北村早樹子の活動をしらべていたところ、

高円寺円盤というレコード店にいきあたった。

店主は、田口史人 たぐちふみひと 1967年生まれ。

この店で、北村早樹子などが年末にコンサートをやるという情報があったのだ。

不思議な店だとおもって、田口氏について調べると、著作がある。

『レコードと暮らし』田口史人著 出版社は夏葉社。

それにレコードをかけながらお話しをする「レコード寄席」なる出張トークショーをやっているらしい。

ぜひ、聞きたいものだ。

 

この本を見てみると、

いろいろなソノシート、レコードがいっぱいのっている。

学校活動の記録用レコードから、文豪のレコード、会社のレコードなどあらゆるレコードが掲載されている。

面白いと思ったのが以下のレコード。

谷崎潤一郎が吹き込んだ『瘋癲老人日記』 NHKで録音したものらしい。音楽は武満徹。音楽と一体となった見事な作品らしい。

●『物語のようにふるさとは遠い』富岡多恵子

背筋が凍る一品と評されている。

怖いけど聞きたい。

●『日本現代詩大系』というレコードもあって、ポエトリーリーディングが収録されている。

●『小野田元少尉還る』というレコードはヒットしたらしい。

●『都電荒川線新装記念乗車券』 1978年1月1日発行。

これはソノシートで、円盤の周囲が切符になっている。

三遊亭圓右が荒川線沿線を紹介した声が入っているとのこと。

結構、出回っているらしいので、ぜひ購入したい一品である。

s.webry.info