読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元国税調査官の大村大次郎氏のトヨタ批判がすごい

 

 

 

なぜトヨタは税金を払っていなかったのか?

 

この本の著者、大村大次郎氏の発言の内容がよくわかる記事がある。

この記事自体は大村氏が書いたのではないようだが・・・。

www.mag2.com

簡単にまとめると、

トヨタはあれだけ儲かっているのに法人税を払っていなかった。

●儲かっていても、社員の給料をあまりアップしなかった。

トヨタが給料をアップしないので、ほかの企業も給料をアップしない。

●そのため、世の中にお金が回らなくなり、デフレとなってしまった。

というのである。

 

給料もそうだが、トヨタの下請けへのプレッシャーはすごい。

結局のところ、下請け、社員、その他へのお金を減らして、とにかく内部留保、17兆円という、恐ろしい額を貯め込んだのである。

 

もともと体質的にトヨタにはオープンなところがあまりない。

それが歪んだ形で、いろいろな所にでているのだろう。

日本の代表的企業がこうなら、ほかの企業も仕方あるまいとなってしまうのである。

哀しいことです。