読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人類学者、加藤 九祚(かとう きゅうぞう)の人生に驚く

加藤 九祚氏は1922年生まれ、現在、93歳。

お元気である。

お元気に、今も中央アジアで発掘調査をしている。

シベリア抑留の過去を持つ。

その際身に付けたロシア語で、戦後、翻訳の仕事をする。

平凡社で勤務した経歴をもつ。

その中で、人類学、考古学に興味を持ち、その後、博士号を取得。

国立民族学博物館教授となる。

実際に、自分で発掘するようになるが、それが60歳くらいかららしい?

●ニコライ・ネフスキーの評伝『天の蛇』で大佛次郎賞受賞。

93歳でまだ発掘しているのはすごい。

先日、NHKで放送されたのを偶然見ました。