福島原発事故のトモダチ作戦で、すでに被曝によって米兵9名が亡くなり、100名以上が障害に苦しんでいるらしい。

NNNドキュメント放射能トモダチ作戦」 米空母ロナルドレーガンで何が? を見てみよう。

tv.yahoo.co.jp

上記で内容が紹介してあるが、トモダチ作戦で、すでに被曝によって米兵9名亡くなり、100名以上が障害に苦しんでいるらしい。

今晩、放送があるので見てみよう。

 というわけで、見ました。

311のときのトモダチ作戦とは、福島への米軍による物資提供である。

3000トンが運ばれた。

ありがたいことです。

空母レーガンなど20隻以上が参加した。

韓国に向かっていたところを、地震の報を聞いて、急遽、福島へ向かったのである。

だが、問題は原発である。

3/12 15時、福島第一原発が爆発。

3/13の朝、ベントが始まる。

この時点で、東電は、メルトダウンについて報告していない。

当然、米軍は知らない。

そのとき、太平洋上に放射性プルーム(飛散した微細な放射性物質が、大気に乗って煙のように流れていく現象)があった。

それに米軍艦船が入ってしまったのだ。

そのとき米兵たちは、「血のような味、金属のような味、銅のような味がした」と振り返る。

これは広島でもスリーマイルでも言われたことで、科学的にはよくわかっていない。

また、外で活動していた米兵の一人は、熱い空気の塊がやってきたとも言っている。

放射線を浴びたことがわかったので、長靴などの汚染されたものは捨てられたという。

このとき31種類の放射性物質が見られたという。

肺から入り、血液に入り内部被曝することになる。

 

SPEEDIの情報は翌日入ったので、この時点では詳しい情報はわかっていない。

東電は火災といっているが、メルトダウンじゃないか」という米兵の言葉もあった。

3/15に艦長から、艦内で使用している水の汚染についての報告があった。

シャワー、飲料水などは禁止となったが、そうもいかない。

 

空母レーガンには5000人以上が乗船。

その後、米兵たちは水を飲み続けざるを得なかった。

米兵たちは、ヨウ素剤が受け取った、という証明書を書かされたが、実際には受け取っていない。

その後、米兵たちは体の不調を訴える。

お腹が痛い。

肛門から血がでる。

尿失禁。

体が腫れる。

神経痛。

髪がぬける。

線維筋痛症

飲み込めない。

などなどの症状がある。

トイレは満員になったそうだ。

 

その後、骨膜肉腫。子供が産めなくなる。両足切断。子供がすぐに死んだなどの異常な症状がでる。

体重減少、発熱、脱毛などの被曝による被害があるが、米軍の医師は否定する。

その後、米兵402人は、東電を訴えることになる。

米軍を訴えることは法律上できないらしい。

ジョン・エドワーズという弁護士は、

アメリカにはディスカバリー制度というのがあって、東電が隠している情報も開示しなくてはいけなくなるので、日本における裁判においても、それが使用できるだろう、

という話をしていた。

ただし、アメリカで裁判があればの話だが、ぜひ、そうなってほしいものだ。

 

この番組では、どれくらいの放射線を浴びたのかははっきり示されていなかったが、相当に高い放射線であったと想像できる。

アメリカは、原爆開発当時から、兵士たちを被曝させており、イラク戦争でもウラン弾での被曝が問題になった。

今回も、被曝したのだが、米軍側はその事実は認めない。ひどい話である。

立証が難しいともいう。

米軍の兵士たちに富裕層はいない。

その人たちが、命令によって、それも人助けだとおもってやったことで、辛い目にあうというのはひどい話である。

東電との裁判になるのだが、その経緯を見守りたい。

この番組は日本テレビを定年退職した倉澤治雄氏が企画制作したもの。テレビも捨てたものじゃないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シオン→SION→友部正人→坂本龍一→板橋文夫→西岡恭造みたいな流れの夜でした

シオンという植物について調べていたら、歌い手のSIONにいってしまって、YouTubeで聞いたりしていたら、そのうち友部正人の歌を聴くことになった。そこでなんとなく、友部正人坂本龍一が映っているジャケットがあるなあと思って、友部正人 坂本龍一で検索すると意外な事実にぶち当たった。

 

芸大生であった坂本龍一がポピュラーミュージックに入ったきっかけが、「友部正人の1975年の傑作『誰も僕の絵を描けないだろう』に参加したこと」という話である。

これは東良美季さんのページにある内容である。

このアルバムは自分も持っていて、ああ、坂本龍一だなあ、ピアノの演奏もいいなあ、と思っていた。

東良美季さんのページによれば、このアルバムの坂本龍一の演奏を聴いて矢野顕子が「彼(坂本)って昔、こんなに下手だったの?」と言った、とのことだ。

これも意外である。

残念ながら、自分にはそのヘタさがわからない。

 

まあ、そんなわけで、久しぶりに友部正人の歌を聴くと、やはりいい。

YouTubeの中では、ジャズピアニストの板橋文夫とのセッションが一番いいと思う。

素晴らしいコラボレーションである。

また、ライブでやってくれれば聞きに行きたいものだ。

www.youtube.com

 

それでもって、そこから西岡恭蔵にいってしまった。

プカプカはとても好きな歌なのだが、歌う前に、こんなセリフが入っていたのは知らなかった。

そういえば残念ながら生で西岡恭蔵を聞く機会がなかった。

すり切れるほどレコード聞いたのに。

www.youtube.com

 

 

え、ウイルスを転送できるって本当なの?デジタル・生体変換器という驚きの機械があるらしい

www.technologyreview.jp

ぼーっとニュースを見ていたら、こんな記事に行き当たった。

DNAを合成して、ウイルスを作るらしいのだが、

その命令を送るだけで、自動生成する機械ができたのである。

 

ウイルスというのは、そんな簡単にできるのか?という疑問があるが、どうもできるらしい。

会社の名前はシンセティック・ゲノミクス社。

まさに名前のとおり、遺伝子を合成してしまうのである。

 

「デジタル・生体変換器」という名前である。

ワクチンを作るとか、火星にウイルスを送るとか、いろいろ用途はあるようだ。

DNAプリンターというのがメインの機械だそうだ。

設立者だったクレイグ・ベンター博士は、惑星間で生物を転送することさえ可能になるだろう、と言っている。

 

きっと、ウイルスからさらに大きな生物へと挑戦するだろう。きっとそれも成功することになると、いったいどんな未来が拓けるのか?

良い想像もできるし、悪い想像もできる。

だが、この生物関連の最先端の話は、どうも、恐ろしいイメージがあるのは私だけだろうか?

このような研究を進めるモチベーションは、生命を作り出したい、神に近づきたい、というようなものだろうか。

病気を治したい、死にたくない、というモチベーションもあるのだろうが、どうにも私には理解しがたいものがある。

 

この会社のギブソン博士は、イーロン・マスクと知り合いのようだ。

火星移住にこのような技術が必要になるということか。

人類の最先端は想像できない領域に達しているが、人類の最後尾はほぼ同じ場所にいる。

その格差は広がるばかりである。

富の格差と同様というか、富の格差があるから恐ろしい格差があるようだ。

知の格差が狭くなれば、その格差は小さくなるのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優先席がここまで必要なのかと思う今日この頃。

f:id:kaerukaeru4321:20170917155249j:plain

近くのJR駅のホームにある待合室をみたら、

なんと、椅子に優先席のシールが貼られていた。

電車の椅子に優先席があるのも、

なんだかと思ったが、

待合室にもできたかと思うと感慨が深い。

我々は、ここまで言われないと優しくできないのか?

というか、

このシールの意味するところは

「優しくする気はあるんでしょうが、なかなか勇気がでないでしょうから、シールを貼っておくから、もし、ここに座っている人がいたら優しくしてね」

ということなのだろうか。

 

きっとこれが貼られたということは、

そういう状況があったということなのだろうか?

不思議である。

もしかしたら、この優先席シールが大量に余っているのではないか?とも考えられる。

 

たとえば、JRの上司の野村が部下の齊藤にこんなセリフを言う。

「齊藤君、優先席のシールを刷り過ぎちゃったんだよ。余って困っているから、なんとかしてくれないか?」

「ええ、刷りすぎなんですか?。うーーん困っちゃったなあ。電車の中の優先席を増やせばいいんじゃないですか?」

「いやあ、車輌の半分が優先席じゃ、なんか具合が悪いだろう」

「そうですか。高齢化の時代だからいいんじゃないですか」

「それほどじゃないよ。違う方法を考えてくれよ」

「いいアイデアがありました。駅のホームの椅子に貼りましょう。ときどき、若い奴がふんぞり返ってますからね。あれはいけません」

「おお、なるほど。それいいじゃないか、齊藤君。ぜひ、それでやってくれ」

「わかりました。すぐにやります」

てな感じですか。

 

ううーん。

もう、優先席やめたら、と言いたいが、きっと増えるばかりなんだろう 。

 

それから、最近は駅のホームに警備員がいるようになった。

あれは、国の雇用対策の一環なのだろうか。

一億総活躍社会というのは、どうも一億、警備員社会のような気がしないでもない。

 

WEWORKからWELIVEへ、WEWORKという会社のサービスは未来を予感させる

trendy.nikkeibp.co.jp

 

www.wework.com

www.welive.com

 

WEWORKはワーキングスペースを提供する会社である。

これだけ聞くと、ああ、そうなの、という感じだが、これが意外と面白い。

個人事業主が、オフィスを簡単に借りられるのだが、そのオフィスでは、さまざまな人がコミュニケーションできる仕組みがある。

専用のSNSがあり、毎日のようにイベントがあり、人と人をつなぐ工夫がさまざまになされている。

そのネットワーキングがあるところが、WEWORKの魅力のようである。

 

この背景には働き方の変化があるという。

アメリカでは、個人事業主が増え続けており、40%以上?になっているらしい。

それらの人々が、簡単にオフィスを借りられ、そこで新しいビジネスチャンスと出会うこともできる。

ウィキによれば、

15カ国49都市に155カ所以上の物理的な拠点を有し、13万人以上の会員にコワーキングスペースやWeWork Commonsというコミュニティーを提供している」ということで、入会すれば、どこの場所でも利用できるとのこと。

 

今年7月には ソフトバンクグループと合弁でWeWork Japanを設立したという。

もっとも安いサービスで1カ月に1週間の利用で、月額5000円くらいらしいので、自分も利用してもいいかなと思う。

 

ニューヨークのWEWORKではさらに進んだサービスがあり、それがWELIVEである。

WEWORKはシェアオフィスだが、WELIVEはシェアハウスである。働く場所もシェアするなら、住む場所もシェアしよう、というわけである。

働き方、生き方が変化するにつれて、そのスペースも変化していると考えればいい。

もっと気軽に働き、気軽に住めばいいというわけである。

WEWORKは未来の働き方、住み方を予感させるサービスを提供している。

 

ユーリ・ノルシュテインの不思議なアニメを田端のユニバーサルシアター【シネマ・チュプキ・タバタ】で見る

ユーリ・ノルシュテインのアニメを見る。

以下の4作を見た。

 

ストーリーを書いてしまうので、まだこれから見る方は読まないでください。

 

 

 

『狐と兎 』は、狐に家を乗っ取られたウサギが、クマや狼などいろいろな動物に狐を追い出してもらおうとするが、なかなか追い出せず、最後にやってきた鶏に追い出してもって、仲良く暮らしました、という話である。

どうして、クマが狐に負けて、鶏が狐に勝つのか、がよくわからないが、ウサギと鶏が一緒に闘ったところに意味があるのか。それも意味がないのか。よくわからない。だが、なぜか、単純な話だが、何かひきつけられるものがある。

 

『あおさぎと鶴』はあおさぎが鶴に求婚するが、鶴がちょっとしたはずみに断ってしまい、それを後悔して、あとで鶴があおさぎに求婚するが、あおさぎがちょっとしたはずみで、それを断る、というのを繰り返す話である。

まあ、いい加減にしろよ、という話であるが、なぜだか、せつない。

これも単純な話だが、絵や画面効果がよくて、見飽きない。

 

霧につつまれたハリネズミ』は一番のお気に入りである。

まず、ハリネズミがカワイイ。

そして、霧の中での様子を巧みな画面効果で見せていて、なんともいえない雰囲気にしている。

最後もハッピイエンドで良い感じである。

 

『話の話』は戦争がテーマのようである。断片的な記憶を結びつけたような、夢をつなぎ合わせたような、不思議な作品である。印象は全体的に暗く、ちょっと見ているのが辛くなるところもある。

 

独特のアニメである。

絵も画面効果もオリジナルで不思議な味わいをだしている。

ストーリーは起承転結があるわけではないが、意外な展開があり、そこに不思議なリアル感があるせいで、なぜだか魅入ってしまうところがある。

まったく不思議なアニメである。

 

この映画は、田端駅近くにある映画館、チュプキで見ました。

CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)です。

25名ほど収容の映画館で、視覚障害者などに対応しており、画面の様子を知らせてくれる音声ガイドがあります。

この日は定休日だったのですが、予約が入って、特別にやっていたそうです。柔軟に対応してくれるみたいです。

この日の上映スケジュールは以下のようです。

f:id:kaerukaeru4321:20170831201911j:plain

なかなかのラインナップである。

ユーリー・ノリシュテインの次に、ガールズ&パンツァーというアニメが上映される。これは予約で一杯だった。

 

会場は手作り感に溢れている。これがスクリーンの下。クマのぬいぐるみが寝ている。

f:id:kaerukaeru4321:20170831202108j:plain

 

これが劇場内の右半分。椅子は結構、座りやすい。

f:id:kaerukaeru4321:20170831202200j:plain

 

「目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。たくさんの人々の募金によって、日本一小さくて、日本一やさしい映画館が、2016年9月1日。東京都北区田端にOPENしました!新旧とりまぜて、選りすぐりの映画を上映しています。是非、ご来館ください。」

ということなので、

皆さん、一度、寄ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『PK』はいろいろな驚きに満ちている

pk-movie.jp

 

映画『PK』はインドのSFコメディ映画である。

とてもユニークな映画で、画面から目が離せなくなった。

最近で、これほど集中して見たDVDはなかったと思う。

映画はコメディ仕立てだが、基本的には宗教問題をメインに追い続ける。

しかも、うまい具合に恋愛話が絡み、涙を誘う場面もある。

インド映画らしく踊りと歌も登場し、本当に目が離せないのである。

 

監督はラージクマール・ヒラーニ。

天才ではないかと思う。

宗教というものを論理的に考えつづけると、このような映画にたどり着くのかもしれない。

宗教を信じる多くの人にはある意味、不愉快な面があるかもしれないが、宗教というものの不条理さを、これほどうまく表現した映画もないだろう。

 

 

この映画の時間は153分と長い。

見始めるときは、2回に分けてみようかな、と思っていたが、画面から目が離せず、熱中して見た。

 

2014年のインド映画だが、日本では劇場公開されなかったようだ?

ウィキによれば、第9回したまちコメディ映画祭では特別招待作品として上映された、とのこと。

これほどの傑作が上映されなかったとは、それも驚きである。

世界興収は100億円を突破し、インド映画の全世界歴代最高興行収入を記録したらしいので、日本の映画関係者の眼は曇っているのか?

インド映画が日本では受けないのか?

それとも、高い金額で手が出なかったのか?

 

 

あと、インドの街の様子がよくわかり、興味深い。

こんなに都市化が進んでいるんだ、という地域と、

こんな田舎がまだあるんだ、というギャップを見ることができる。

一度、行ってみたいものだという気にさせられる。

登場人物もすべて魅力的だし。

 

2009年公開の映画『きっと、うまくいく』も、同じ監督ラージクマール・ヒラーニと同じ主演のアーミル・カーンで、とても面白いらしい。

今度は、こちらを見てみよう。